照楠会 将棋入門「駒の動かし方を覚えよう2」

2013.05.08

前回は「歩」「香車」「桂馬」の動かし方を覚えました。歩は足軽、香は槍、桂は騎兵と覚えましたね。今回は将棋でもっとも大切な駒「王・玉」、そして攻めと守りの要である「金将」「銀将」の動き方を覚えましょう。

銀将

銀3

「銀将」「ぎんしょう」と読みます。以下略して銀とします。銀は攻めと守りの要。動き方に特徴があります。漢字の「大」の字を思い浮かべると良いでしょう。銀はズンズン前に進んで敵陣を攻めることもできる駒です。また守りにも非常に大きな力を発揮してくれます。金・銀は将軍。銀は武闘派。敵陣に切り込み大暴れ。でも大暴れしてくれますが、ちょっぴり隙も多い将軍。ワキが甘くて、後先顧みないのがタマに傷。

 

 

金将

金3

「金将」「きんしょう」と読みます。以下金と略します。非常にスキのない駒です。動き方は〒マークを思い浮かべてみてください。ナナメ後ろ以外なら1マスどこへでも動けます。銀が武闘派なら、金は知性派の将軍。さまざまな策で城の防御に大きな役割を果たしてくれます。非常に純粋な将軍なのでナナメなことは大嫌い。王様の側近ですから、実は敵の王様の近くも大好き。最後に敵玉を仕留めてくれる王様の最強の右腕です。

 

王・玉

玉3

「王・玉」通常は「玉」「ぎょく」と読むことが多いです。王将とも読みます。上位者が「王将」の駒を持ち、もう一方が「玉将」を持つのがマナーとされています。以下は玉と表記します。将棋でもっとも大切な駒です。この駒が取られたら負けです。殿様は意地でも守りましょう。いつもは城の奥深くで構えていますが、いざとなったら非常に強い駒です。図を見てもらえるとわかりますが全方向に1マス進めます。実は部下に隠れて日夜武芸に励んでおられるのです。

 

以上が「金銀玉」の動き方でした。もう少しで将棋を実際に指すことができるようになります。駒の動き方・特徴をしっかり覚えていきましょう。次回は「飛車・角・成り駒」の動き方です。

 

前の記事へ→

次の記事へ→

 

リンク集

将棋入門 トップページ

将棋入門 「駒の動かし方を覚えよう」

将棋入門 「駒の動かし方を覚えよう3」

将棋入門 「将棋のルールを覚えよう」

 

 

 

 

 

Category : 将棋

PAGE TOP